体幹トレーニングで鍛える箇所

身体の内側から鍛える体幹トレーニング

体幹トレーニングとは何かを知ろう

体幹トレーニングを重要視する人が増えてきています。
プロのスポーツ選手でもトレーニングメニューには体幹トレーニングを入れるほどです。
体幹とは、腹筋、背筋、お尻、胸周りなどの筋力のことをいい、鍛え上げることによってバランス感覚に優れた身体を作り上げることができます。
安定性を高めることができ、スポーツをするときにも有利になるのが体幹です。

自宅でもできる体幹トレーニング

体幹トレーニングのメリットとしては、自宅でも簡単にできてしまうことです。
自分の身体ひとつでもトレーニングができてしまうのでお手軽です。
体幹トレーニングの基本として最も有名なのがプランクです。
うつ伏せの状態からスタートして、肘とつま先だけで体を支えます。
その状態で30秒間キープします。
コツとしては、肩の真下に肘が来るようにすることです。
このトレーニングを10分間するだけで、お腹周りの筋肉を引き締めることができます。
このほかにもサイドプランクやバナナプランクといったトレーニング方法があります。
すこしずつメニューを増やすことで、あらゆる筋肉を鍛えることができます。


体幹トレーニングは自宅で簡単にすることができます。
道具を使うことによって、さらに効果的に体幹を鍛えることができます。
専門のサイトに道具は販売しているので、好きなものを選んでみるといいでしょう。
トレーニングロープは海外でも人気の道具で上半身だけでなく、下半身の筋力を強化するのに適しています。
トレーニンググローブを使えば、腕の筋力だけでなく、背筋を鍛え、心肺機能をあげることもできます。
そのほかにも水の重さを利用した道具やケトルベルなどがあります。
重心が動くものばかりなので、筋肉のいたるところを鍛えるのに適しています。
特殊なフォームにはたくさんの種類があるので、鍛えたい部位によってフォームを変えていきましょう。

体幹トレーニングに適している時間を知る

体幹トレーニングをするためには、適している時間もあります。
朝は体温が低く、身体がほぐれていない状態なのでトレーニングに適している時間とは言えません。
トレーニングに適している時間は夕方だといえます。
体温も上がっており、身体も柔らかくなりやすい時間です。
エネルギーを蓄えているので、身体もよく動きますし、筋肉を鍛えるのに最も適している時間だといえるでしょう。
しっかりと筋肉をつけたい人は、トレーニングが終わってから30分以内にプロテインを飲むといいです。
良質なたんぱく質を摂取することで、良質な筋肉をつけることができるからです。

人気記事ランキング